Discuz! Board's Archiver

ya4321if 發表於 2013-5-30 18:04

louisvuittoncoco.asia-vuitton 財布14064874

 突然の爆発が民家を吹き飛ばし、それまで目印にしていたマンションを崩壊させた。 数階建て―――朴は5階建てと数えていた―――のがっしりした作りのマンションは、その音が消え去る頃には、ガラガラと音を立てて崩れ始めた。[url=http://www.louisvuittoncoco.asia]ヴィトン タイガ[/url]
「な、何だ?」 小隊の誰かが、そんな当然の疑問を口にした。「空爆だよ」 部隊で一番背の低いキムという兵士が言った。
「空から何かが落ちてきたの、見たよ」「じゃぁ、あのマンションに敵が?」「それはわかんないけど……」[url=http://www.louisvuittonshopcoco.asia]ヴィトン バッグ[/url]
 キムが口ごもるのと引き替えに、通信兵から通信装置を受け取った小隊長が声をあげた。「聞け!近くに敵が多数潜んでいることが判明した!」
「朴、金、前に出ろ。お前達が先頭だ」 それから数回、朴達の進路めがけて砲撃支援が入った。 砲撃に巻き上げられた土ホコリが太陽の光を遮って、しかも呼吸が苦しい。 朴は知らずにタオルを口や鼻の周りに巻いていた。「何か、見えるか?」 銃口をせわしなく動かしながら、おっかなびっくり朴は隣に並んだキムに訊ねた。「な、何も」 キムは震える声で答えた。「何も見えないよ」「……そうか」 敵がそこら中にいる。とでも答えられるよりはマシな答えだったが、不安ばかりが先走る。 本当に、メサイアが来てくれれば、敵なんて薙ぎ払ってくれるだろうに! そう、思わずにはいられない。 彼等が角を曲がったところで、 ヒュンッ! 空気を切り裂く音がした。「?」 朴は思わず、キムを見た。 キムもその音が何だかわからないらしく、目をキョトン。とさせていた。「何だろう?」「……さぁ?」http://www.louisvuittoncoco.asia 敵。 その言葉が現実味を持って朴の耳に届いた。 朴は自然と銃を持つ手に力をこめた。「この先、西、マンションのあった方角に高校がある!そこが根城らしい。俺達は他の部隊と一緒に、ここを攻める!」vuitton 財布「メサイアは」 誰かが言った。「そんなの、メサイアにやらせれば」「命令だよ」 小隊長は言った。「メサイアは現地に向かっているが、彼等だけでは戦争は出来ない」「……」 皆が顔を見合わせた。[url=http://www.louisvuittonsalecoco.asia]ルイヴィトン バッグ[/url] メサイアが戦争をしてくれる。 自分達は戦わなくてもいい。 舟艇の中でメサイアを見てから、自分達にそんな思い込みがあったことを、誰もが認めるしかなかった。[url=http://www.louisvuittonoutletcoco.asia]vuitton 財布[/url] それが―――本当に思い込みに過ぎなかったことと共に。「そういうことさ」 小隊長は、半ばあきらめ顔で言った。
Related articles:

  
   [url=http://souaz.com/home.php?mod=space&uid=283775&do=blog&id=2700673]http://souaz.com/home.php?mod=space&uid=283775&do=blog&id=2700673[/url]
  
   [url=http://www.nlgs.gov.cn/index.asp]http://www.nlgs.gov.cn/index.asp[/url]
  
   [url=http://bbs.gogo198.com/forum.php?mod=viewthread&tid=424085]http://bbs.gogo198.com/forum.php?mod=viewthread&tid=424085[/url]

頁: [1]

Powered by Discuz! Archiver 7.0.0  © 2001-2009 Comsenz Inc.